MarbleDays

主にゲームとかガジェットなどをレビューします

ハイレゾ対応イヤホン MDR-EX750 を購入しました

time 2016/05/01

ハイレゾ対応イヤホン MDR-EX750 を購入しました

SONYから発売されているハイレゾ対応イヤホン、MDR-EX750を購入しました。

通勤時に普段使っているイヤホンが今回断線のため、新しいイヤホンを探していたところ、このMDR-EX750に出会いました。

普段使っていたイヤホンはウォークマン「NW-M505」に付属していたノイズキャンセル機能のついたイヤホンで、音質もそこそこ良く気に入っていたのですが、使い始めて三年で断線。毎日使用していたので、個人的にはもったほうかなと。

値段は定価が9,880円。調べていく中でヨドバシドットコムがポイント含めて最安値だったので、ポチり。

20160501_172119

ヨドバシはポイントが10%還元なので、実質8,433円。本当はソニーストアで買いたかったのですが、AV商品10%引きクーポンを使ってもこちらのほうが安かったのと、Amazonはポイント還元がない分 割安だったのですが、配達がGW空けになるとのことで、商品の到着が翌日のヨドバシに。最近のヨドバシドットコムの頑張り具合には目を見張るものがありますね。

 

DSC_1638

 

こちらパッケージ。ソニー感が滲み出てます。

 

DSC_1643

裏側。

DSC_1644

側面。

DSC_1645

開封。下から開けられるようになっていました。中から更に箱が出てきました。さすがブランド品。

 

DSC_1646

このMDR-750は h.earシリーズの中で一番安いモデルなのですが、梱包もしっかり手を抜いてなくて好印象です。こういう細かな部分にもこだわることでブランド力を高めていますね。(ここで「そもそもh.earシリーズ自体が一般人から見てお高いシリーズじゃん」というツッコミが入る)

 

DSC_1647

内容物。サイズ違いのイヤーピース、イヤホン入れ、イヤホン絡めて短くできる奴、説明書と製品登録の紙。

 

★使ってみて★

付け心地:普通

本体の重量:軽いです。

ケーブル:絡まりにくい素材?作りになっているので良い。

デザイン:SONYらしさは残しつつも、お高いイヤホンにありがちなコテコテデザインじゃないので通勤で使いやすいと思う。

 

音に関して

比較対象が断線でお亡くなりになっているので、イヤホン同士のしっかりとした比較は出来ませんでしたが、NW-M505付属のイヤホンよりかは音が良いというのがハッキリ確認できました。

次に、私の持っている「MDR-1RBT」の有線接続と比較してみました。

31Saf0uBCqL

↑ MDR-1RBT

 

ハイ、ヘッドホンの勝ちです。このヘッドホンは定価3万ぐらいのヘッドホン(一応ハイレゾも対応しているモデル)なので、そりゃヘッドホンのほうが良くないとおかしいですね。

ですが驚いたことに、音の良さについてはヘッドホンに近いものを感じました!今まではヘッドホンとイヤホンを聴き比べて「ヘッドホンはイヤホンとは格が違うな」という感想しか出てこなかったので、さすがに一万のイヤホンは違うな…と。

ハイレゾに関して

私の持っている曲(MP3、320kbps)と同じ曲でmoraのハイレゾと比較してみました。

音の深みの違いを確認できたので、ハイレゾを楽しめる商品というのは間違いないみたいですね。

 

★まとめ★

 

h.earシリーズは若者をターゲットにしていると開発陣が言っていて、「おいおい、それにしては値段が全然若者向けじゃないじゃん…。」と呆れた記憶がありましたが、このモデルに関しては、「オーディオに興味があるけどなかなかお高いヘッドホンに手が出ない」という若者達に、一万円で3万円程のヘッドホン並の音を提供してくれる実はコスパの良いモデルなのかもしれません。

 

予算一万でイヤホンを探している方は、是非一度視聴してみてはいかがでしょうか。

 

sponsored link

スマートフォン