MarbleDays

主にゲームとかガジェットなどをレビューします

PlayStation Nowを遊んでみて分かったこと

time 2016/03/02

PlayStation Nowを遊んでみて分かったこと

日本での正式サービスがいつの間にか始まっていたPlayStation NowことPS Nowですが、その使い勝手や使用感などを実際に試してみました。

そもそもPS Nowとはなんなのかを説明しておきます。

PS Nowとは、本来PS3のソフトが遊べないPS4やPS VitaなどでPS3のゲームが遊べるというサービス。将来的にはスマホやタブレット、PC、BRAVIAなども対応する予定だそうですが、今現在ではPS4、PS Vita、Samsung Smart TVなどが対応しています。今回はPS4とVitaを使って、実際のPS3とどれくらいプレイに差があるのかを検証しました。

まずはVitaでプレイしてみます。

PS Storeへ行きPS Nowのアプリケーションをダウンロードします。

やりたいゲームを検索して、購入画面へ

PS Nowは、月額課金制のプレイし放題プランと、1タイトルを時間制限付きでレンタルするプランが用意されていますが、今回は検証なのでバイオハザード6を4時間レンタルコースを選択。

DSC_1523

4時間で216円…タイトルごとに値段に差があるのですが、これを高いと思うか安いと思うかは人によると思います。個人的にはソシャゲでガチャ1回約300円が普通な今、この値段設定は割りと良心的かなと思っています。

DSC_1525

購入の前に現在の通信環境の確認が入ります。私の環境は光回線(フレッツ光 隼)ですので、現状一般家庭で再現できる最高の速度となっています。テストも楽々合格です。

DSC_1526

購入完了画面。ゲームを始めます。

DSC_1531

認証→接続テスト→ゲームのロードの流れを経て…

きたー!

DSC_1535

 

PS3のゲームをVitaでプレイできる日がくるとは…とてもリッチな気分になります。。。

私はPS3版バイオハザード6はクリア済みのセーブデータを持っているのですが、このセーブデータはPS+を介してPS Nowでも使用できます。

PS3側でPS+のセーブデータお預かりサービスを使って、セーブデータをクラウド上にアップロードしておきます。

次にPS VitaでPSボタンを押すと、PS3のクロスメディアバーが開くのでPS+のセーブデータの項目を開き、PS Now版クロスメディアバーにダウンロードします。

再度ゲームを起動しなおせば、無事セーブデータが読み込まれました。

DSC_1541

 

Vitaでプレイしてみての感想

バイオハザード6はPS3実機でプレイした場合、フレームレートが体感で45fpsぐらいと思っていて、PS Nowでは約30fpsぐらいに落ちている印象でした。

まぁフレームレートよりも大事な要素として遅延(ボタンの入力の遅れ)があるのですが、遅延…あります。若干ですが。

この遅延の実数値は分かりませんが体感としては2~4フレームぐらいあるのかなといった感じです。バイオハザード6ぐらいのゲームであればプレイは出来ます。しかし格闘ゲームやシューティングゲームなどの一瞬の判断が大事なゲームは満足に楽しめない可能性が高いと思われますね…。アクション系やロールプレイング、読み物系のゲームはあまり影響はないので全然アリです。

実はこの遅延、プレイしていると意外と気にならなくなるんです。最初は、銃のポインターも遅延のせいか狙いが定まりにくかったのですが、段々と身体が慣れてきてその遅延を前提としてボタンを入力するようになっていくので、いつもと変わらないプレイ感覚になったので驚きです。これ、要は慣れですね。

 

↑の動画はVITAでのPS Nowをプレイした動画です。バイオハザード6がアクション寄りなのと、敵をレーザーポインターで捉えて撃つゲーム性はPS Nowと相性が悪そうに見えるのですが、遊べるレベルであることが確認できます。

 

ここで気になるのがVitaは無線での接続だから遅延があるのではないかという疑問。

今度は有線LANで接続されたPS4でプレイしてみます。

DSC_1544

このダウンロードはVitaよりPS4のほうが断然早いです。ハードの性能差なのか、通信環境の差なのかは分かりませんが、PS4版のほうがスムーズにゲームを始められます。

DSC_1546

PS4でバイオハザード6を起動!

PS4でプレイしてみての感想。

まず思ったこと、遅延が少ないです!Vitaと比べて明らかに遅延が減っています。体感ですが約1~2フレームじゃないでしょうか。これなら全然プレイできます。Vitaよりもプレイしやすいです。こころなしか画質もPS3よりも良い気がしました!素晴らしい!正直驚きました。Vitaの「まぁプレイできなくもないかな…」を覆すほどの衝撃。これなら格闘ゲームもプレイできるのではと思わせてくれます。実機と変わらないかなと思うほど。

まぁ一応実機とも比較してみるかーとPS3版を起動

DSC_1547

すんませんでした。。。実機は勿論遅延なんてものは存在せずフレームレートは45fpsほどで安定していますので一番快適でした。。。

PS3版をプレイした後のPS4でのPS Nowはやっぱり遅延あるなぁと…やっぱり実機が一番という結果に…(そりゃそうだ)

 

結論

PS3を所有している人はソフトを買いましょう。PS3を持ってない人はPS Nowでのプレイもアリです。それくらいの違いしかありません。

むしろそれくらいの違いしかないことがすごいと思います。ストリーミングでゲームをプレイというものには ネガティブなイメージしかなかったのですが、実際にプレイしてみてポジティブなものになりました。通信環境さえ整えばどこでもPS3のゲームが遊べるというメリットは、若干の遅延も許せるほどの強みがあると思います。ベットでごろごろしながらVitaでPS3のリッチなゲームが遊べる時代になったことが、いちゲーマーとして嬉しいかぎりですね。

しかし最近は、PS3のゲームは高フレームレート高画質リマスターで再発売されるケースも多いのでいずれはPS Nowも必要なくなるのかなとも考えています。

技術的には面白い取り組みなのでソニーにはPS Nowの品質改善に努めてもらってPSワールドの魅力をもっと高めていって欲しいですね!

sponsored link

スマートフォン